なぜつまらないか

いまのところデータを整理→それをグラフなどで可視化

しかしていない

その過程でするプログラミングは創意工夫とかないからつまらないのかも、、

そしてそのプログラミングを覚えるのが複雑だし、エラー出て時間かかる。

エクセルとかでも同じ結果簡単にでるのに、そんな単純な結果を出すためにがんばってプログラミング勉強しなきゃいけないのがつらい

だからもっと創意工夫性のあるところ、例えば

  • グラフとかをみて、こういう関係があるとか分析して結論をかく
  • ほかになに?

 

 

データに基づく戦略家になりたい

 

リコメンドサービス

Youtube のおすすめ動画があまりにもクソすぎるので新たなリコメンドシステムをつくろう

評価軸

おすすめ動画を表示し、その動画が何分再生されたか、みたい動画であったかをKPIとしてレコメンデーションの精度を測定

→もしより精度の高いリコメンデーションをつくれたらサイト滞在時間の向上につながり、ユーザーエクスペリエンスも向上

思うに、現状Youtubeでは以前みた動画と同じチャンネルまたはジャンルの動画を表示させている。おすすめ動画にはサブスクリプションに入っている動画はほとんど含まれていない。以前見たサブスクリプションしていないチャンネルの動画を表示させている

 

現状の問題点

  • そもそもおすすめ動画の数がすくない
  • おそらく学習するシステムがないため、一度おすすめされた動画をみたくないと思いページ更新してもおすすめ内容に反映されない
  • よって同じような興味のない動画ばかりがおすすめされる
  • 過去にいろいろなジャンルの動画を見ているはずなのに、過去数日間みた動画に関連するものだけおすすめされる
  • 更新してもおすすめ動画がかわらない、更新するってことは表示させている動画に興味がないっていうことなのに同じ動画が表示させている
  • 動画に関して要素、ワードを判断してジャンル分けできる、例えばownage prankだったらprank call など、海の生態×シャチなどコメントとかタイトルから判断して同じように海の生態と認識されたイルカの動画をリコメンドできるかも

提供価値

  • おすすめされた動画が適切なものなのかを入力できるようにする(like or dislike)
  • 更新ボタンをおしたら完全にシャッフルされるようにする
  • 過去数日間みたビデオの関連動画しか表示されないことに対して過去数年間すべてののビデオに関連した動画がまんべんなく表示されるようにする
  • もしこの方法であまり精度があがらなかったら協調フィルタリングなど別の方法を試してみるが、まずはこの方法を実行してみる

ビッグチェレンジ

コンセプト:こういう光景をみれるようにしたい

https://ak3.picdn.net/shutterstock/videos/11224190/thumb/1.jpg?i10c=img.resize%28height:160%29

他に一万メートルの空の写真をとるバルーンは存在する。なにがユニークなのか?

すでにやっていることはある程度やり方が公開されているが、ユニークではない

逆にユニークなのはやり方がわからないから実現方法がわからない

手段;そのために気球またはUAVで雲の上( m)を飛行できるようにしたい

  • すでに気球にカメラをつけて、宇宙まで飛ばしている人はたくさんいるので技術的には難しくない
  • しかし、もし気球を制御するもしくは長い時間気球や飛行物を飛ばしたい場合は難しくなる
  • 理想的には雲の上で漂わせて、好きな場所に動かせるように制御したい
  • 雲の上にいきたいときに、この物体をとばして、雲の景色を楽しんだりできれば最高!

必要な技術

  1. 高度一万m(理由はジェット機が飛ぶのが一万mだから)まで飛ぶ気球orUAV
  2. 高度1万mで安定させ、(雲の上で漂わせる)地上から制御すること
  3. 必要な映像をとった後気球を目的地に回収する方法

実現方法(別にアメリカでなくても、日本にいながらこれはできる)

  1. これに関しては先駆者がたくさんいるわけだから、彼らにリサーチするなりインタビューすればいい。もちろん風の影響などいろいろ彼らに困難はあっただろう
  2. この点がユニークなのかな?これが一番の問題

今日もなにもできなかった。昨日あれほど意気込んでて今日は一日中やってやると思ってたのに、いざ今日になると朝から全然やる気でなくて朝は結局家にいて、夕方くらいから外出たけど結局なにもできず終わる。

そもそもそんな行きたいと思う対象がないっていうのもある。けど、結局今日はゼロだったし、最後行こうと思ったけど勇気がなくてできず

今日こそは今日こそはと思ったのに全然できなかった

DS面接に向けて

とりあえずなにすればいい?

 

とりあえずメモ帳に書いたように動機的な部分はもう一度本を読み返したりしてエピソードをしっかり思い出す

 

自分でできるデータ分析の方法を学ぶ、具体的に俺はどんなことができるのかを言語化する

プロダクトを技術的につくるのは難しくない。自分で作れなかったら外注すればいいし、

問題はそのプロダクトを広められるか、売れるか

であって、売れない、広まらない理由を解読するのは難しくて

プロダクトそのものがわるいのか

需要がないのか、マーケティングが悪いのか、セールスが悪いのか

だけど、セールスに責任押し付けようと思えばいくらでも押し付けられてそれで結局セールスが精神論になってきつくなる。

だから、セールスは絶対必要なんだけど、

個人的にはアウトバウンドのセールスが必要ない、勝手に問い合わせが来るようなものが理想

 

広まっているプロダクトは最初どういう法則性とかあるんだろうか?めっちゃ営業したとかいうところはある?

webサービスをつくろうと思ってたけど、そもそもwebサービスっていまどきもうかるのか? アフィリエイトとか商材うるとか、無料有料もでるとか

 

やっぱ趣味webサイトつくっても意味ないしお金にならなきゃいみない

流行とかにのっかるとか一時的にヒット数かせいでそこから持続するシステム、ユーザーが訪問し続けるシステムが必要

じゃあ人気サービスになったとして

 

 

今年こそWebサービスを作りたい人に伝えたい5つのこと(+番外編) - パパパパ

これみてやっぱストーリーつくってユーザーがどういうところでつまずくかを予測してアフィリエイトサイトつくれば手数料で結構利益うめるってわかった。

3000万 月 って書いてあるけどやっぱコレ達成するには

  1. SEOしっかりする(競合があまりない、ページトップがとれる)
  2. ある程度検索ボリュームがあり、需要があり、商材の単価が大きければ大きほど受け取れる手数料も大きくなる
  3. つまずくところを予測してwebサイトをつくる。こういうことでユーザーはこういう情報を必要とするだろうというストーリーづくり