なんか便利なウェブサイトとかアプリをつくることはできる

だけど問題はそれが誰かに使われるようになるか?

掃いて捨てるほどウェブサービスっていうのはある

だけど頻繁に使われているのはごく一部

よく売却したウェブサイトとか人気がでたサービスはなにが違うんだろう

マーケティングとかどうやったのか?苦労せず勝手にユーザーが来たのか

調べる。何事も戦略が必要

どうやって人気がでたのか。それをリサーチ刷る必要があり、それにあったサイトをつくる必要がある。

 

⇒だれかが小さくやって独占しろとかいってたどそうなのかな?

やりたいことのひとつが

 

研究を実際の世界で実現してみたい。

だけど、そもそも1人だしな、それによって断れるだろうし、知的好奇心だけでやるのもなぁきついな。そんなやる気がでるかなぁ?そこが問題なんだよあん

 

まずお金がかからない、規模が小さい、ような小さく、身近なところでアカデミックの理論を本当かどうか確かめてみる。だけど目的が知的好奇心だけだと絶対挫折するな

週に一度、例えばシャバットのときだけインターネットというかラップトップをつかうのをやめてみようか。スマホでメッセージをうけるのはおk。だけどyoutube,fb,twitter,yahooは禁止。新聞とかよむいい機会になるんじゃない?

当然めっちゃ暇になるだろう。正直インターネットをするなというルールがあったら、友達と合わない場合、暇になるだろう。

インターネットはなにか探したい目的のものがあるときは最高のツールだけど、だらだらするといつでもだらだらしちゃうからだめ。

やっぱ週末、少なくとも2日のうち1日はパソコンの前でだらだらしない生活のほうが充実度は高い気がする。というかパソコンを使わなくていい生活。だいだいパソコンをつかってるときって暇でしょうがなくって場合が多いから。ユダヤ教のシャバットとかばからしいとか最初はおもってたけど、そっちのほうがいいかもしれない。

ラジオもかってみようかなとおもった。たとえば雀荘いってみるとか競馬いってみるとか映画館にいってみるとか、バイトするとか、友達と話すとか本をよむ、町をぶらぶらする、買い物へ行くなどしてインターネットをつかう(1人でだらだらする)ことをさけたい。パソコンつかってプログラミングしたり、いい映画にであったりとか充実した経験になればいいんだけど、残念ながらそういう時間はあんま多くないからやっぱインターネットの時間は減らしたほうが良い気がする。

 

あとやっぱり1日、2時間アラビア語とか勉強しよう。

授業にでない。1日のながれは朝11時くらいにおきて、ネットブラウズして昼ご飯つくって、プログラムを一時間くらいして、メールの送信とか雑用してまたねっとだらだらして、友達と遊んで、サッカーしたり、友達と夕飯くっておわる。これが一日のプロセス。
正直本読んで授業するより人とはなして場所に実際いったほうが学ぶこどがおおいっていう哲学でいまやっている。だけどそういうたいけんや経験でまなんだことってなんなのか。言語化してみたいとおもう。
ニシに何回かはいった。正直衝撃はあまりない。人とはなして知識がはいったかといわれるとそうでもない。人の話をしっかり聞いていないっていうのと、ときとき聞き取れないっていうのもある。あと細部の歴史のこととこあんま興味ない。
ニシが危険とかいわれてるけど、実際いってみないとわからないことがたくさんあったし、そういう意味でいい経験たったなと。
 
だけどやっぱり記憶にのこるのはカセムがアラブ人はどんなつらいかってことだしそれはある程度本をよむことよりはるかに有効だったんかとおもう。
ビジネスに関してはこの学期とくにクラスにもいってないし、勉強あんましていない。だけどpersuasionの本はすごくおもしろかった。一冊だけだけど。まぁそれはこれからインターンシップで学ぶだろう。
この3ヶ月とにかく友達つくりを結構プライオリティにおいてきた。それは結構成功してて、友達たくさんできた。彼らとはどっちかっていうとたわいもない話しかしていない。それに通じてなんかまなんだことってあるんかな?っていうかその質問自体がナンセンスなきもする。
 
中国いつかいってみたいなー。近いのになんにもしらない。旅行をもっと楽しめるようにしたい。やっぱり観光地よりその現地の人と会うのが楽しい。
 
まなんだことっていうか感じたことがおおいかもな
例えば英語をはなすのが世界では当然っておもってたけどそれって一部のちいきの常識だったり、アメリカとかアジアとかヨーロッパとか、だけどソ連圏ではロシア語が英語みたいなものだし、そういうのって狭い常識にすぎなかったんだと
ここのひとののずうずうしさとか友達の適当さ、細かいことをきにしないかんじ、どんどんいくかんじとかは学んだっていうほどじゃないけど、感じたよねーー
あとはイスラムの文化とか結構アラブ人、現地のひとの友達いるし、女性の考えだったりヒジャブとかそういう文化的なはなし聞けたのはおもしろかったなー
つーか支払いしなくてもピザとかバスふつうにのれるところの適当さとか笑
 
サッカーをしているときも日本人とプレーのしかたが全然ちがったりそれもまなびっちゃまなびかな。めっちゃ仕掛けるところとか、シュートうつし、あたり強い、めっちゃバス要求するみたいな、そんな大したことないかもしんないけどな
 
旅行ってどうやったら楽しめるんだろか
やっぱりその現地の人と話したい。事前にネットでさがす。または現地で話しかける。

会社の選び方だが、やっぱり自分がやりたいこと、夢、をベースで考えるべき

自分がなんか会社を起こしたいなら起こしたい業種に関連する企業に入るべき

セレンディピティのほかにあんま達成したいことが…ない

レコメンデーションをつくっている会社だけでなくグーグルとかアマゾンでもつくれる。なぜなら関連した事業をやっているから。直接的な事業をやっていないが近いことはできそう。セレンディピティも広く考えたらマーケティング。つまり人気ランキング上位のところしか目に届かない。人気ランキング下でも質のいい記事がみられる=それがセレンディピティのビジョン、にはどうすれはよいか。それを達成できる企業。

どんどん広げられる。たとえばDivingがすきで、だけどそれをお金にしたい、⇒趣味でもビジネスにできることが夢⇒そういう企業をさがす。Divingだけじゃなくてアウトドアやツーリング、そういう趣味を応援する企業に就職すべき。好きだけじゃなくて、そこにはいってなにを実現したいかが重要

ネット系じゃなくて他のもっとphysicalなサービスないかな。だけどなにもおもいつかない!!!!!飛行機好きかなーとおもったけど、飛行機をうる仕事?微妙。。。
なんかもっと生活に絶対必要なもの、かつわくわくすること、

弁護士ドットコムとか企業としてはおもしろそう。ビジョンにも共感できる。しかし自分から積極的にやろうとは思わない。

それか業界ではなく、職種で選ぶか。最強のセールスになるとか最強のマーケターになるとか。エンジニアだと単純なんだけどな、、、

もしくはおもしろい会社個別にして選ぶか。だけどイメージのギャップに苦しみそう。ビジネスモデルとかがおもしろいだけで、それにかかわらせてもらえるわけじゃないしな

俺の夢、それは意味のあることをすることをして、億万長者になって社会的に意義のあることをして、世の中をかえる。facebookとかグノシーとか意味あんのか?googleとかはすごい意義はあると思う

多くの人が賛同しない隠れた真実はなにか?空飛ぶ車を目指せ

意味のあることとはなにか、break downしてみよう

  1. 教育
    f=maではなく、それを実演すること。だけど具体的になにをおしえたらいいんだろうか?
  2. セレンディピティ
    イスラエルにやっている企業が幾つかある
  3. 貧困をなくすこと

夏にやりたいこと

ジョージア、アルメニアいきたい。あったかいときに物価安いらしい

あと空飛びたい、パラグライダーとか